展示会ブースの委託業者による装飾のたいせつさ - 展示会のわかりやすいデザインのあり方

展示会ブースの委託業者による装飾のたいせつさ

subpage01

新商品の展示会における宣伝で業者に委託して装飾を行ってもらうことがあります。さまざまな装飾を行いますが、それらは主として、製品のシンボルカラーから商品の印象を伝えて集客したり、記憶への定着を図りやすくするために用いられます。
このように展示会にあたって企業イメージを連想できるように、洗練され、エッセンスとして凝縮させたものともいえます。

つまり、その色やロゴ、デザインを一見しただけで、その商品が頭の中に浮かぶ、そんな展示会装飾がもっともよいものとされています。



このように「強い」デザインは、委託する業者との打ち合わせの綿密さから生まれます。


商品は開発に熟慮と試行錯誤を積み重ねてできた渾身のものであるはずです。
あとはそれを訪れる人々にいかにうまく短時間ですっと理解してもらい、記憶にとどめてもらうかです。

Yahoo!知恵袋情報といえばこちらです。

したがって製品に対してプラスの評価が必ずつく、そして好感があるものが求められます。


それはときとして品性があり、またあるときは親近感です。



こうした感情を揺り動かすものがブースにある場合に、思わず近寄りたくなると考えられます。したがって、ブースのデザインにあたっては業者の実力が大切な要素です。
せっかく良い製品であってもそれをうまく装飾で引き出せないとならないからです。
そして、業者との綿密な打ち合わせこそがもっとも大切なことのひとつです。

つまり、在籍しているデザイナーに、製品の他にない先進的な面やその特性などを十分に説明します。そしてそれに合わせて装飾をデザインしてもらいます。